投稿日:

交通事故で弁護士を依頼する基準は?

交通事故の被害者なら誰でも、弁護士を依頼するに越したことは
ないのですが、弁護士費用が問題となってきます。

被害者の加入している民間保険に、弁護士費用特約が付いている
場合は、最高300万円まで弁護費用が出ることが多いので、
けがの重傷度に関わらず、弁護士を依頼できます。

しかし、特約が使えない場合は、弁護士を依頼して増額される
賠償額が、弁護士費用を上回るかどうかが一つの
基準となるでしょう。

軽傷だと、弁護士を依頼したとしても、賠償額の増額分が、
弁護費用よりはるかに少ない場合があります。

それを承知で、弁護士に依頼する人も当然います。
ただ、交通事故の加害者が誠意ある対応をしている場合は、
任意保険会社の提示額が少なくても、それで示談すると
いうのもひとつの道です。

交通事故で重症となった場合は、民間保険の特約が
使えなくても、依頼するべきです。

依頼しても、弁護費用が持ち出しになるということはまずありません。

加害者が任意保険に加入しておらず、賠償する気が
ない場合でも、そうです。

後遺障害等級で、妥当な認定が受けられるようにアドバイスして
もらえますので、その増額分で、十分弁護費用が支払える
場合が多いです。

後遺障害等級の適正な認定を受けるのは、並大抵の
ことではありません。

認定審査で本人を診ることはなく、書類審査だけとなりますので、
書類をそろえることが鍵となります。

しかし、そろえ方を知っている被害者はまずいません。
交通事故専門の事務所に頼るべきです。

投稿日:

交通事故の民事責任を弁護士に相談

交通事故は、起訴率が1割程度とたいへん低く、よほどのことがない限り起訴されません。

これは、交通事故の加害者をいちいち起訴することはしない方向で、
という大きな方針によるもので、その方針ができるようになる前であったら
当然起訴されていた事例はたくさんあります。

しかし、不起訴になったことを無実と解釈する加害者は少なくなく、
被害者への賠償どころか謝罪もしない加害者は増えています。

しかし、刑事責任の追及は免れても、民事責任はまったくの別問題です。
刑事責任が不問にされ、不起訴になったからといって、民事責任が
ないことにはなりません。

刑事と民事で判決が正反対になることは珍しくなく、また、刑事罰を科すほどではなくても、
民事賠償の責任があるのは普通のことです。

加害者側の自賠責保険が使われることになった段階で、民事責任が
公的に認められたようなものです。

加害者側の自賠責保険が使われるケースで、起訴されるのは1割だということです。

しかし、交通事故の被害者は負傷し、精神的にもまいっていることが多いため、
健康状態に何の差し障りもない加害者や任意保険会社の担当者と対等に
交渉することはまず無理です。

交渉は弁護士に依頼しましょう。

できるだけ、交通事故専門の弁護士に依頼することです。
任意保険会社にも顧問弁護士はいます。

弁護士がつくと、加害者側の対応はがらりと変わります。
裁判をすれば裁判費用も含めた支払い命令が出るため、妥当な示談に応じようとします。

投稿日:

交通事故の慰謝料の計算は弁護士に任せるべき

交通事故に遭って怪我を負った場合は、被害者が加害者に怪我を治療するための実費の他にも
入院や通院を強いられることによる慰謝料を含めた損害賠償金を請求することができます。

実際に交通事故の損害賠償金を受け取ることになるのは示談交渉で加害者が加入している
保険会社と合意に至った示談金の金額となります。

加害者が加入している保険会社が提示する示談金は保険会社が定めた基準で計算するため、
必ずしも被害者が受けた損害に相応しい金額でない場合があります。

示談交渉の代理人に弁護士に立てて慰謝料を計算してもらうと過去の交通事故の
損害賠償金に関する裁判の判決を基に定められた弁護士基準で割り出されるため、
被害者受けた損害に相応しい金額で、加害者が加入する保険会社のスタッフと交渉してもらい、
妥当な金額の損害賠償金を受け取ることができるようになります。

安易に保険会社の提示する示談金に合意する前に、弁護士に代理人になってもらうと示談金の増額が期待できます。

投稿日:

交通事故の慰謝料請求は弁護士に任せる

交通事故に遭遇した時、人は予期せぬ出来事にパニックに陥ります。
日常的なリスクだと言われる交通事故ですが、統計的には
事故に遭わない人々の方が大多数であり、いざ自動車に後方から追突されれば、
そこで正常的な思考がストップしてしまいます。

加害者が誠実なパーソナリティの方であれば、落ち着いて事故の処理や
補償に関して意見の交換が可能です。

しかし、少し威圧的なタイプだった場合、加害者と直に交渉するのは危険です。
また加害者の方が誠実だったとしても、いわゆる保険会社のスタッフが
老獪なタイプだったなら同じく、直に交渉してはいけません。

交通事故に遭遇した時は、そういった事情から基本的に弁護士に相談しましょう。

交通事故の解決と交渉に強い弁護士事務所に相談すれば、
慰謝料請求をプロに代行してもらえます。

老獪な保険会社のスタッフと直に交渉した場合、素人に勝ち目はありません。

本来もらえるべき補償額がみすみすロストしてしまう恐れがありますので、
慰謝料請求を弁護士に代行してもらえば、きちんとした正当な額が得られます。

投稿日:

交通事故で弁護士に相談するメリットは保険会社と対等な話ができること

交通事故は身近な危険の一つですが、いざ自分や子供たちが
被害者になれば、初めての事にただただパニックに
陥ってしまうものです。
特に交通事故が起きた後、唐突に電話で連絡を入れてくる
保険会社のスタッフとの交渉は大変になります。

保険会社のスタッフもまたお仕事ですから仕方ない事なのですが、
いわゆる保険の支払額を減らす戦略を巧みに講じていきます。

被害者サイドに落ち度があったのでは、と遠回しに過失相殺への
伏線を張ってくる保険会社のスタッフも多く、また本来であれば
支払われるべき正当な慰謝料の額がゼロになる、あるいは
半額以下にさせる恐れがあります。

交通事故の関する交渉事は弁護士に相談しましょう。
事故問題に詳しい弁護士であれば老獪なスタッフとも
対等に話が出来ます。

また不当な請求や圧力に近い示談交渉への参加を
迫られている時も、弁護士に相談するメリットは
不当なプレッシャーを跳ね除け、代わりに慰謝料の増額に
繋がる交渉をしてくれる点であり、初めての事故対応にも一安心です。

投稿日:

費用を払っても交通事故では弁護士に依頼するのが安心

交通事故に遭った場合は、交通事故に強い弁護士に依頼するのが安心です。

交通事故に精通している弁護士なら、専門知識と経験があり、
示談交渉や後遺障害認定を委任することができ、慰謝料や
損害賠償金が高くなるからです。

交通事故に遭うと、病院で治療を行い、その費用を加害者に
請求しなければなりません。
また、事故によって仕事を休み収入が減る場合は
その損害も請求しなければなりません。

加えて、精神的・肉体的苦痛に対する慰謝料も
請求する必要があります。自身もしくは身近な親族が
治療にあたっているこのような状況で、保険会社と
加害者側の弁護士と日々交渉するのは非常に煩わしく、
心身への負担がありますし、時間も削られます。

弁護士に依頼するメリットは、安心して任せることが
できるところにあります。
精神的にかなり楽になります。

当然加害者側の保険会社は少しでも支払う金額を
減らしたいので、いろいろな理屈をつけてきます。

どのポイントでどういった交渉をするか、知っていないと
しかるべき額を得ることができません。

後遺障害等級の獲得一つとっても、かなりややこしい交渉や
手続きが必要です。

慰謝料や損害賠償金を得るには、これらのハードルがあります。
大変な状況の中で自身がどうにかしようとするよりも、
費用が高くなっても専門家に任せ、自身の治療や
看病にあたるのがいいのは、言うまでもありません。

投稿日:

交通事故の最終解決手段の裁判は弁護士に依頼を

交通事故の9割は示談によって解決を迎えることに
なりますが、それでも1割は示談では終わらずに別の手段で
解決をすることになります。

その最終解決手段となっているのが裁判なのですが、
裁判になるとわかったのであればすぐに弁護士に
依頼をしなくてはなりません。

裁判では加害者と被害者が互いに意見をぶつけ合って
どちらが正しいのか、どちらの言い分が認められるのかと
いうことを第三者が結論を出しますが、ここでは弁護士が
法律の観点から意見を出すことが最も効果的です。

もちろん交通事故による被害がどれだけのものであったのか
などの主観的な意見が無意味であるというわけでは
ないのですが、法律をつかさどる場で結論を出す以上、
法律の専門家の手を借りるのがベストなのは
間違いない事実なのです。

現在ではインターネットで検索するだけでも交通事故の処理を
得意とする弁護士事務所が多く見つかるように
なっていますから、有利な結論を引き出すためにも
弁護士の力を借りるようにしましょう。